美容液

PG2ピュアエッセンスの成分解析【効果を解説】

PG2ピュアエッセンスは、水、BG、プロテオグリカンの3つの成分だけで作られた高純度美容液です。

ヒアルロン酸より高い保湿力を持つプロテオグリカンが贅沢に配合されています。

PG2ピュアエッセンスの詳細をもっと見る:公式サイトはこちら

PG2ピュアエッセンスの全成分

ベース
BG ベース、保湿
水溶性プロテオグリカン 保湿

は製品のアピール成分や美容効果の高い成分、はリスクの可能性がある成分です。

PG2ピュアエッセンスの成分解析

BG

化粧品でよく使われるベースの保湿成分です。

グリセリンと並んで低刺激な保湿成分で、グリセリンよりもさっぱりしたテクスチャを持っています。

安全で保湿力もある成分ですが、いつもしっとり感の強い化粧品を使っている人は物足りないと感じる可能性もあります。

水溶性プロテオグリカン

ヒアルロン酸の130%の保水力があると言われる成分です。

人間の細胞にも含まれる成分で、 化粧品に配合するものはサケの鼻軟骨から抽出します。

PGピュアエッセンスのプロテオグリカンは北海道で水揚げされた新鮮な鮭から作られた純国産のプロテオグリカンです。

「プロテ」はタンパク質、「オ」は結合、「グリカン」は糖鎖という意味を持ち、タンパク質と糖類が一緒に含まれています。

糖類の部分は水分を抱え込む力が高く、タンパク質の部分はEGF(上皮細胞増殖因子)のような役割で肌の組織の生成をサポートします。

この『糖』と『タンパク質』それぞれの効果により、プロテオグリカンは『保湿』と『エイジングケア』のふたつを叶えるんです。

弘前大学プロテオグリカンネットワークスによる試験結果としては、皮膚弾力改善、シワ改善、色素沈着低下などの効果があると言われています。

しかしプロテオグリカンは分子量が大きく、角質層の奥まで浸透しにくい成分なので、表面上の保湿以外の効果はどこまであるのか微妙なところです。

結論を言うと『肌の表面での保湿効果はかなり高い。エイジングケアに関しては効果があるのか微妙なところ。リスクが少なく使える成分で、保湿によるエイジングケア効果は期待できるので、成分としては悪くない』と思います。

PG2ピュアエッセンスの詳細をもっと見る:公式サイトはこちら

PG2ピュアエッセンスの解析結果

3つの成分だけで構成された、かなりシンプルな美容液。

界面活性剤、アルコール、香料、着色料、パラベンなどの防腐剤は使用していません。

他の美容成分も入れずに『プロテオグリカン』の力だけで勝負していて、余計なものは入っていません。

入っている成分はすべて低刺激で、アレルギーのリスクもかなり低い美容液ですね。

  • とにかく保湿力を重視したい
  • さっぱり系の美容液が欲しい
  • 美容液で肌荒れしやすい
  • 肌へのリスクが少ない美容液が良い

という方におすすめです。

ひとつ不安に思うのは、防腐剤が入っていないという点。

開封前は真空パッキングで品質を保っていますが、開封後の品質維持に不安があります。

成分中で細菌が繁殖すると肌に悪影響があるので、使用時はスポイトの下の部分を直接触れないように注意!開封後は1~2ヶ月以内に使い切りましょう。

PG2ピュアエッセンスの詳細をもっと見る:公式サイトはこちら

PG2ピュアエッセンスに関する疑問を解決!

「プロテオグリカン原液」なのに他の成分が入っているのはなぜ?

「水溶性プロテオグリカン」は粉末状の成分で、そのままでは肌に塗ることはできません。

化粧品として肌に塗るのに最適な濃度に水やBGで薄めたものが化粧品でいう「プロテオグリカン原液」になります。

他のプロテオグリカン原液より高い理由は?

amazonや楽天などで調べてみると、2000~3000円程度からプロテオグリカンの原液美容液は見つかります。

しかし、全成分表示が全く同じだったとしても、配合濃度や原料の質に違いがあります。

PG2ピュアエッセンスは、質の良いプロテオグリカンを高濃度で配合しているので、値段が高めに設定されています。

PG2ピュアエッセンスの詳細をもっと見る:公式サイトはこちら

-美容液

Copyright© コスメ研究家の解析日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.